« October 2010 | Main | February 2011 »

11/10/2010

小説専攻科の作品締切とか、イベント企画とか

2010年11月9日(火)
今週末の土曜は、エンタ14期も、小説専攻科も、今年度はじめての講義がありますよ〜。

さて。

本日は専攻科の作品提出の第1回締切日。短編が多いが、11月にしてはまずまずの提出本数。

内容は半日だけではチェックしきれないが、今年初の専攻科の作品提出ということで、13期から進学してきた新しい生徒さんの印刷ミスがけっこう目立つ。あまりデカイ文字組は、印刷や帳合いの手間も大変だし、分厚いだけで読みにくいだけだし、誰にとってもいいことがあまりない。印刷数もけっこう多いので(平均65部)、事務経費もかさむしさ。

とくに長編だと、やはり生徒作品ってのは、講師はもちろん、生徒さんみんなが読むのがめちゃくちゃ大変。内容はもちろん、印刷にも気を配ろうね。そりゃ面白ければ、多少読みにくくてもまだ読むのに耐えられるのだが、なにせ生徒作品ってのは、そこんところはアレがアレなわけで……むにゃむにゃ。とにかく印字は、気をつけまくって読みやすくしてもらわんと、誰も読めない。だいたい、印字が綺麗でも、内容がアレでアレなら、最後まで読むのがめちゃくちゃ大変なんだからして……。

あちこちに電話したり、けっこう多忙な一日。
資料請求への発送3件。うーん、まだ続くな……。

11/09/2010

今年の小説講座は、どんな新しい年かな

2010年11月8日(月)
小説講座は、今週末から講義が開始するのだが、まだまだ資料請求とか電話が来るな〜。なぜだか、うちの小説講座は、毎年、締切過ぎてから入学してくる人が多いのだが、今年もその傾向があるなあ。まあ、年1回しか開講してないのだが、もともと少人数募集というのもあって、ほとんど広告も出してないので、友達の紹介などの口コミ、または、講師のHPとか、たまたまネットで検索というパターンで資料請求してくる人がほとんどなので、あんまり募集期とか関係ないことが多いのだが……。

それにしても、なんだかんだで今年で14期生。小さな小説講座だけど、何人かはプロデビューもあり、そして、講師の作家さんたちもあちこちで活躍されていて、本当にこれは幸運なのか、はたまた皆さんの努力のたまもの。

とりあえず、生徒の皆さん、これから一年、がんばってね。

また、とくに専攻科は、ちょっと人数が増えて来ているので、ぜひ今年もバンバン続いてデビューしませう。あ、もちろん講師の皆様方にも、今年も増々のご活躍をお祈りしております。うちの講師の先生たちはプロの専業作家さんたちが多いし、これだけ出版不況の中、かなり大変な面もあると思いますが、今年もアレコレよろしくお願いします!

11/03/2010

小説講座の締切は過ぎてますが……

2010年11月2日(火)
小説講座の入学式は終わったのだけど、昨日も今日も資料請求や見学の申込などの電話アリ。まあ、授業はどのみち11月13日が初日だし、人数に余裕もあるので、もちろんまだ願書を受けつけてはいるのだけども、なんだか今年は問い合わせとかが遅い時期にあるなあ。

入学式の欠席者に、資料を一斉に送付。14期生は全員出席だったのだけど、専攻科は半分以上が欠席してたので。またショートショート大賞で最終選考に残っていた人にも、選評が掲載されている作品集を送付したり。受賞式を欠席された佳作受賞者にネットで賞金を銀行振込。

そんなわけでアレコレ送付物が多く、スタッフと一緒に事務作業をしながら雑談。論文を書くのも、小説も書くのも、どちらも訓練と覚悟が必要だなあという話とか、あるいは趣味でケーキを作るのが好きな主婦がけっこういっぱいいても、プロのケーキ屋になる人って少ないよね、ってな話など。

11/01/2010

今年も、楽しい小説講座になればいいな

2010年10月30日(土)
「第14期エンターテインメントノベル講座」入学式&「第12回大阪ショートショート大賞」受賞式。

受賞式は、いつものように、選考委員長の堀先生に選評をいただく。入選の受賞者が出席されて、賞金や花束贈呈など。佳作の二名は、遠方のため欠席。

私は、朝から入学式準備などで終日バタバタしてたので、かなり疲れまくり……。

とりあえず今年も開講。14期生は少ないんだけど、これからの一年がんばろう。

« October 2010 | Main | February 2011 »

無料ブログはココログ
July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31