« 作家になるのも、続けるのも | Main | 小説もプロも、たぶん好きこそ続けることができる »

02/20/2009

高校受験と小説コンテスト

2月19日(木)
終日、発表会に参加。貝形虫とか有孔虫の話なんかがやっぱり面白い気がする。

中3の息子は、公立の高校受験4日前である。先日の私立受験(すべりどめ)の時は、前日、まるで修学旅行にでも行くみたいにコーフンして、鉛筆なんかわざわざ新しく1ダース買ってきて、まるまる12本を削ったりして(それを全部ペンケースに入れようとしたら入らなくて、ペンペースを整理したら、山ほどわけのわからないものがでてきた。なんかシールとか、練り消しとか、3センチに分厚く折り畳んだ定期テストの答案とか。なぜそのようなものをそこにずっと入れてるのか不明)

まるで「台風前夜のワクワクソワソワ感、どこかうれしいようなコーフンした感じの小学生男子」っという様子なのであった。中3なのだが、やはりまだまだ全く「ただのアホ」である。

「落ちたら嫌やなあヤバイなあどうしようかなあでも今さらそろそろどうにもならへんしなあもしかしたら落ちるかなあ落ちへんよなあ落ちへんとええなあでもけっこういけると思うねんけどなあ勉強けっこうやってんけどなボクやっぱ落ちへんかなヤバイよなあ」
と、このところ毎日のように家の中をウロウロしてるので、
「落ちるか落ちへんか、よりも、とりあえず落ち着けよ」
と、言い聞かす。ちなみに前期試験の模試判定は、もともとC判定。でも前期試験で落ちてもまだ公立後期試験もあるし、なんだかんだですべりどめの私立は合格したから、けっこう気楽なのである。

なんつーか、彼にとっては、どうもスキー旅行とかキャンプとか、そういうようなイベントのようなものなのみたいだなあ。しかし、ある意味、彼の場合、この中3というこの時期に、ちゃんと受験という試練があってよかったなあ。高校受験ってのは、いいタイミングだと思う。そりゃ、小学校とか中学受験とか、もっと小さい頃に受験すれば、親の言うとおりにやるのだろうが、この年齢でしっかり志望校を真剣に考えたり、将来のことを考えたり。まあ、高校受験って、親から子供が独立するためのちょうどいい試練だったりするなあ。ま、彼の場合、物心がつくいい機会だよね。いや、でも物心がつくかどうかはまだわからんけどね。

小説講座の生徒さんはたいてい真面目で、小説コンテストなんかにも「まだまだ応募するほどの実力がない」とかけっこう慎重な人も多い。けど、考えてみたら、小説コンテストとかは、むしろ応募を楽しむくらいの余裕はあってもよさそうだけどね。しかし、受験勉強と比較して考えてみたら、ふと思うのだが、もしかすると実際たいした勉強もせずに応募してる人も多いのかもなあ。まあ、受験生よりは猛勉強っていう感じじゃないだろうけどなあ。

« 作家になるのも、続けるのも | Main | 小説もプロも、たぶん好きこそ続けることができる »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 作家になるのも、続けるのも | Main | 小説もプロも、たぶん好きこそ続けることができる »

無料ブログはココログ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31