« 小説講座は、秋開講です | Main | あせらず、あきらめず »

06/21/2007

毎日が創作料理

6月21日(木)
午前中、小説講座の事務所。午後から外出。

雑用いろいろ。夜10時頃に帰宅。

家に帰れば、一応、これでも主婦なので、毎日、家事をしなくてはいけない立場(仕事がある土曜日とかは別だけど)。

そりゃあ料理は嫌いじゃないし、楽しみでもあるのだが、毎日毎日、栄養とかカロリーとか、バランスを考えて作ったりするのはやっぱ、面倒なんだよねえ(ちゃんと成分表などをみて献立を考えてたのは、新婚時代だけだから、かなりいいかげんなのだけど、夫が栄養バランスなどにけっこううるさいタイプなので、やっぱり多少は気になる)。

ところで、主婦である友人の家では、ダンナが料理をまったくしないから、作るのがイヤになったら、外食するしかないらしい。うちは家族で外出してやむを得ない時以外は、まずほとんど外食などしない。ってか、できないんだけど。なんでかっつーと、うちの夫は、さほど外食が好きではない。まあ、多くの家庭で外食したがるのは、いつも料理を作ってる主婦の方なんだけどね。
「なんでもいいから、人が作ったものを食べたーい」
なんてね。私だって、三食とも自分で作ったものを食べるわけだし、たまには。

そりゃ、いつも「おうちのごはんが一番いい」という夫はラクなんだけども。彼は自分でも料理を作るのだが、何でも「うまいうまい」と言って食う。自分で作っても「うまいなあ。オレが作るとやっぱりうまいなあ」で、私が作った料理も何でも「うまいうまい」である。もしかして、評価度がめちゃくちゃ低いだけなのかもしれないけど。そのわりに外食の点数にはカライのだが。「こんなもので、金をとるのか」

とにかく家族のために、毎日、献立を考えるのは面倒である。一応、小学校の給食献立表もチェックしておかないといけないし。昼にカレー、夜にカレー。もしもカレーライスが連続しても、双子の娘たちはさほど怒らないけど、せっかくだから別の日にした方がいいし。また夫の好みに合わせたら、和食中心がいいらしいのだが、子供たちの要望もあるし。ああ、めんどくさい。

そんなわけで、ただ料理を作るだけだとどうしても飽きてしまうので、毎日、「創作料理」を作ることにしている。焼く、煮る、揚げる、すりおろす、などなど。基本の調理方法があったら、あとは組み合わせは無限。私は、なるべく国産、旬の野菜を使うことにしているので、結局、毎日の献立で一番優先されるのは「今日の特売野菜」。だって、旬の野菜はたいてい安いから。栄養価も高いし。

で、たいていの料理は「一期一会」である。だから、うちの家族は、毎日、夕食のテーブルにつくと、まず「これ、何?」ときく。毎日チャレンジャー、いや、サプライズ。ただのいきあたりばったりメニュー、とも言うけど。

そんなわけで、今は夏野菜の新作メニューを考案中。

« 小説講座は、秋開講です | Main | あせらず、あきらめず »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 小説講座は、秋開講です | Main | あせらず、あきらめず »

無料ブログはココログ
October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31