« こだわらないように、こだわってインタビュー | Main | 小説とは関係のない休日(幽霊、UFOのいる夏空) »

07/17/2005

梅田、野田、天満橋、小説と関係が深い長い一日

7月16日(土)
朝、エル大阪に寄って、教室代支払い。事務所で事務作業。昼、梅田へ移動。夕方は、小説講座の専攻科合同授業。長編と短編の作品指導で、講師は高井信先生。

昼は、梅田で、専攻科のFさんと一緒に、東京創元社の編集者のお二人にお会いする。専攻科のFさんの原稿を、芦辺先生が知り合いの編集者に渡してくださったそうなのだが、「これは本人に直接、お話をした方がいいでしょう」ということを言っていただいたそうで、わざわざ大阪出張のついでに、ご連絡いただいたのである。私が同席したのは、芦辺先生が「本当はボクが一緒に言ってあげないといけないのに、SF大会があるので、代わりに立ち会ってほしい」というからである。でも、Fさんも、別段、編集者と直接会って、変な受け止め方をしたり、ということはないし、お勤めをされているとてもしっかりした女性なので、本来、別に私が立ち会わなくてもぜんぜん心配はないと思うのだが、Fさんはやはり女性なので、芦辺先生は妙に心配されたのではないかと思う。先生は、面白いことにかなりの心配症で、フェミニストなのである。

編集者の方は、たぶんお二人とも、一度、芦辺先生の母上様の告別式で受付をした時に会っているはずだが、とりあえず食事をしながら、三時間ほど話す。Fさんには色々作品上の注意を丁寧に話してくれる。お二人とも若いけど、さすがに、頭の切れる編集者である。私はオブザーバーなので(むしろ邪魔モノ?)、正直、多少ヒマをもてあましていたのだが、けっこう楽しくいろいろ話をする。ネタは、やっぱり小説、または芦辺先生のウワサ話(犬の話)など。いや、悪口はしてません。ホント(ってわざわざ言うとわざとらしいけどホント)。

12時半から4時過ぎまでじっくりお話を聞き(私はメシ食ってただけ。しかも、おごってもらった。お邪魔しました)、それからFさんと一緒にJR野田へ移動。少し印刷などを手伝ってもらって、教室のある天満橋へ。私は自転車があるので、Fさんは地下鉄。

本日の講義は、高井信先生。お会いすると、「ひえええ、どうしたんですかっ!」というような別人ぶり。いや、びっくりです。草上先生も「別人ですわ」というくらいスマートになっていたのですが、高井先生も、別人かと思うくらいスマートに。確実に10キロ以上は違うと思うんですが、お引っ越しで、夜、「一人宴会」をやめて、早寝早起きを実行し、健康的な生活をした途端、何もせずにやせたそうです。どんな暴飲暴食してはったんですか。ひええ。でも、やせるとやっぱ、男性はカッコいいですね。やっぱ筋肉、いいですな。

作品指導は、長編一編と短編一編。メインは、数百枚の長編。高井先生は、作品指導はベテランなので、すらすらと作品指導。講義終了後、例によって、例の中華店へ。店には、牧野修先生が来て下さっていて(高井先生の急に呼び出されたらしいけど)、飲みながら、いろんな質問にも丁寧に答えてくれたそうである。第7期との合同クラスだが、飲み会に残ったのは、全員、専攻科ばかり。先生方が10時半頃に先に帰られてから、生徒さんと話していたら、「今日は、高井先生の講義もよかったし、牧野先生からも色んな話が聞けて、すごくよかった!」とえらく感動していた。「ほんま、ええ人やなあ」って、はい、牧野先生は、ええ人なんです。たぶんご本人は「ええ人やって思われたら困る。ホンマはええ人ちゃうねんから」と言うでしょうし、「ホンマは、悪い人なんです」とかいいそうな気もするけど、それくらいええ人なんですよ。あんな作品書くけど、すごい作品書くけど、めちゃくちゃスゴイけど、げちゃげちゃエグイことも書くけど、ごっついええ人なんです。ま、感謝するなら、皆さん、とにかく作品書いて下さいね。ほんでデビューして、みんなとりあえず本十冊ずつ出しなさい。ほんなら許す(意味不明)。

そのあと、専攻科の人と朝5時まで近くのファミレスで、ごちゃごちゃとアホな話など。まあ、小説の話もしてた(ハズだ)けど、9割は、アホな話でしたな。Sくんのスランプ(?)脱出作戦など。これは重要なプロジェクトだな。まあ、あまりデビューをアセリすぎても、たまにそれだけでごちゃごちゃと悩んでしまうし、かといって、専攻科であまりノンキにかまえていてもそれはそれで困るので、そこが難しいところである。結局、5時半帰宅。ちょうど目覚まし時計が鳴っている。毎朝5時半起きなのである。

« こだわらないように、こだわってインタビュー | Main | 小説とは関係のない休日(幽霊、UFOのいる夏空) »

Comments

Fです(笑)
土曜日は色々とありがとうございました。
東京創元社の編集部の方のお話、すっっごく勉強になりました。4時間近くも時間を割いて頂いて、編集部の方にも芝崎さんにも恐縮の至りですが、私にとっては有意義なことこの上ない時間でした~。
もちろん、モノになるかどうかは今後の私の努力次第(汗)というところですが、ぜひ頑張りたいと思います。
ところで朝5時までファミレスでしゃべってたなんて、元気ですね…。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81854/5004407

Listed below are links to weblogs that reference 梅田、野田、天満橋、小説と関係が深い長い一日:

« こだわらないように、こだわってインタビュー | Main | 小説とは関係のない休日(幽霊、UFOのいる夏空) »

無料ブログはココログ
October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31